川越市中心市街地活性化協議会

具体的事業の詳細

閉じる

7-35

路上喫煙防止条例推進事業

事業内容

・市民及び観光客等は、市内全域で路上喫煙をしないように努める。
・路上喫煙禁止地区(中心市街地の一部)での路上喫煙の禁止(違反者には過料が適用)

実施主体

川越市

実施時期

平成19年度~

目標達成のための位置付け及び必要性

・道路や公園、広場などでの喫煙は、吸い殻のポイ捨てにより環境の美化を損ねている。
・火の付いたたばこの投げ捨てによる火災の危険性、さらには、副流煙による周囲の人たちへの健康被害の問題がある。
・たばこの吸殻が散乱しない清潔なまちを作ることにより、飲料容器など他のごみも捨てさせない環境が醸成される。
・路上喫煙の規制は、基本方針である「魅力あるまちなみづくり」に寄与する中心市街地活性化に必要な事業である。

7-35