川越市中心市街地活性化協議会

具体的事業の詳細

閉じる

4-25

川越城富士見櫓跡整備

事業内容

・川越城富士見櫓復元敷地面積1,421 ㎡
・史跡公園整備敷地面積857 ㎡

実施主体

川越市

実施時期

平成12年度~

目標達成のための位置付け及び必要性

・川越城富士見櫓は、天守閣のない川越城において天守閣の代わりの代表的な櫓であった。
・富士見櫓を県史跡である川越城跡のシンボルとして復元整備する。
・本事業により、川越城跡に新たな観光資源を創出するとともに歴史教育の場として活用できることから、基本方針である「魅力あるまちなみづくり」、「にぎわいの創出」に寄与する中心市街地の活性化に必要な事業である。