川越市中心市街地活性化協議会

具体的事業の詳細

閉じる

4-13

中央通り地区整備事業

事業内容

中央通り沿道街区土地区画整理事業 整備面積1.5ha/都市計画道路「3・4・3 中央通り線」街路事業 延長300m幅員20m/連雀町交差点整備事業 延長60m幅員20m

実施主体

川越市
埼玉県

実施時期

平成19年度~32年度

目標達成のための位置付け及び必要性

・本川越駅から都市計画道路3・4・3中央通り線(県道本川越駅停車場線)を通じて、川越市の観光の拠点である蔵造りの町並みの残る一番街につながる結節地域である「中央通り地区」の整備を進める。
・沿道街区土地区画整理事業と連携した街路築造工事により、都市計画道路である県道の拡幅整備と沿道の街並み整備を同時に行い、沿道商店街の活性化、土地利用の増進、慢性的な交通渋滞の緩和、歩行者の安全性の向上及び祭事におけるオープンスペースの確保等を図る。
・本事業により、中心市街地の町並みの連続性が向上し、歩行環境も改善することから、基本方針である「魅力あるまちなみづくり」、「にぎわいの創出」に寄与する中心市街地の活性化に必要な事業である。