川越市中心市街地活性化協議会

具体的事業の詳細

閉じる

7-2

チャレンジショップ事業

事業内容

空き店舗等の借り上げにより、新規起業家の立ち上げを支援、経営指導の実施、中心市街地エリアでの開業支援

実施主体

株式会社まちづくり川越

実施時期

平成27年度~31年度

目標達成のための位置付け及び必要性

・前計画に位置付けていた「チャレンジショップ事業」は2 年間で3 組が卒業し、1 名(1 組)が市内で開業しており、空き店舗対策及び商業創業者支援に一定の成果を挙げており、引き続き事業を継続する。
・本事業は、中心市街地商店街の空き店舗を借り上げて、チャレンジショップとして出店を希望する新規開業者等に対し貸し出し、経営指導等を行い、独立開業を支援していくものである。
・旧TMOの結果からは、空き地・空き店舗の発生要因の分析等から、それらの貸手・借手をそれぞれ支援する機能、商店街やまち全体からの出店企画する機能が求められている。
・そのため、空き地・空き店舗活用支援事業との情報連携やテナントミックスの考え方も加味し、卒業生の中心市街地エリアでの開業も併せて支援する。
・本事業は、商業の担い手の育成と空き店舗解消、ひいては商店街の活性化に資する事業であることから、基本方針である「にぎわいの創出」に寄与する中心市街地活性化に必要な事業である。

支援措置の内容

中心市街地活性化ソフト事業

進捗状況
実施中