川越市中心市街地活性化協議会

具体的事業の詳細

閉じる

7-23

シャッターアート事業

事業内容

・商店街各店舗のシャッターデザイン

実施主体

川越名店街

実施時期

平成20年度~

目標達成のための位置付け及び必要性

・商店街の景観づくりのため、シャッターをキャンバスに見立て、地元大学の美術部により、閉店後や休業日等にも個店のPRができるよう全体的に統一したコンセプトのもと、それぞれの店をイメージさせるデザインを描く。
・シャッターにデザインを施すことにより、休業日等シャッターが下りている商店街のさみしい雰囲気の解消になり、さらに顧客との話題の1つにもなっている。
・また、本商店街は、観光客でにぎわう蔵造りの町並み地区と鉄道駅を結ぶ商店街でもあることから、シャッターアートを楽しみにしたまち歩きもでき、それによる観光客等の滞在時間の延長を図る。
・基本方針である「魅力あるまちなみづくり」、「にぎわいの創出」に寄与する中心市街地活性化に必要な事業で ある。